もう悩まない! 妊娠線を消す解決策

妊婦さんのお腹

結婚した女性にとって、最もおめでたくて、幸せいっぱいの妊娠。ですが、妊娠生活そのものは決してラクなものではありません。妊婦ならではのお悩みもたくさんありますよね。

妊婦のお悩みの中でポピュラーなものの一つが、妊娠線。妊婦になるまでは意外と知らない人も多い「妊娠線」とは、いったいどんなものなのでしょう。

妊娠すると、女性のお腹は赤ちゃんの成長とともにどんどん大きくなるわけですが、お腹が大きくなると、当然、お腹の皮膚もそれに合わせて伸びることになります。

皮膚の一番上の表皮は弾力性があって伸びやすいのですが、表皮の下にある真皮や皮下組織の一部は弾力性がなく、急激に伸びることができません。

伸びることのできない真皮や皮下組織が限界を超えて引っ張られることで亀裂ができ、赤紫色の線状の斑が現れます。これが「妊娠線」とよばれるものです。


妊娠線は消すことはできるのか?

妊娠線自体は痛くもかゆくもなく、健康に何ら影響はありません。でき方も人それぞれで、数本しかできない人もいれば、腹部全体にできる人もいます。産後は赤紫色から白色にだんだんと薄くなってきますが、光にあたるとテカッてみえたりしてあまり美しいものではないため、女性としては気になってしまいますよね。

では、一度出てしまった妊娠線を消すことはできるのでしょうか?

妊娠線は、事前にケアすることで、妊娠線を出にくくしたり目立たなくすることは可能なようです。しかし、妊娠線を完全に消すことは難しいといわれています。妊娠線を予防する専用クリームなどがたくさん出ていますので、妊娠初期からしっかりケアしておくことが解決策になるようです。


事前のケアで、妊娠線を消す必要なし!

お腹が大きくなってきた妊婦さんが直面するお悩みの一つ、妊娠線。妊娠線は、一度できたら完全に消すことは難しいので、なるべく「妊娠線ができにくいように」することが大切です。妊娠線をしっかり予防できれば、妊娠線を消す必要もないですからね。

妊娠線を予防する妊婦生活とは?

良い方法があるの
体重管理をきちんとして、急激に太らないように。
妊娠線は、急激に大きくなったお腹に、皮膚がついていけなくて皮膚の繊維が切れてしまうことでできてしまうものなので、まずは「急激に太らない」ことが最大の予防ポイント。だいたい、妊娠5ヵ月~6ヵ月頃、つわりが終わって食欲が増してくる時期に要注意です。バランスのよい食事と適度な運動を取り入れて、こまめに体重を測るようにしましょう。妊娠後の体重増加は、8キロ以内にとどめるのが理想的。高たんぱく、低脂肪、食物繊維の多い和食中心の食生活を心がければ大丈夫でしょう。
ローションやクリームで、皮膚の保湿を十分に。
皮膚が乾燥してくると、皮膚の柔軟性がなくなり、急激な伸びに対応できにくくなりますので妊娠線ができやすくなってしまいます。妊娠線予防の専用クリームやローションで保湿ケアをしっかり行いましょう。妊娠線予防クリームなどは保湿力が高く品質的にも安心ですが、ベビーローションや日常使いのボディクリーム等でも十分に対応できます。
妊娠線ができやすい、こんな人は要注意 !
妊娠線のできる度合いには個人差がありますが、比較的、できやすい人の傾向がありますので、当てはまる人は気を抜かずにしっかりと予防ケアをしましょう。
  • もともと太りぎみなタイプ
  • 双子以上の多胎の人
  • 経産婦
  • 小柄でお腹が前にせりだしている人
  • 乾燥肌の人

妊娠線のケアについて

img02

どんな感じにできる?


どうやってケアするのか?

妊娠線を本気で消すなら!