妊娠線を本気で消すなら!

どうやってケアするのか?妊娠線は、赤ちゃんができたママの証。そうはいっても、赤紫色の無数の線がお腹やお尻、胸などにできてしまったら、それは気持ちのよいものではありませんよね。妊娠線に気づいて、せっせと保湿クリームでケアを始めるママさんも多いのですが、悲しいことに一度できた妊娠線は消すことができません。そう聞いて、大ショックを受ける妊婦さんも多いようです。

確かに、一度できてしまった妊娠線は完全には消えません。しかし、産後に体調が戻れば妊娠線は色が薄くなり、ある程度は目立たなくなりますので悲観することはないのです。

妊娠中は、妊娠線が赤紫色にくっきりと出ているのでかなり目立ちますが、悲観せずに妊娠線専用のクリームで保湿ケアを続けましょう。妊娠線は事前のしっかりしたケアでかなり予防できるのですが、もしできてしまってもあきらめないこと。

産後のケア用クリームもありますので、出産後にも継続的な保湿ケアが有効です。

それでも気になる妊娠線には、レーザー治療で

完全に消すことが難しい妊娠線ですが、美容外科などのレーザー治療でほぼ改善できる場合もあります。急激な体重の増加で裂けてしまった皮下組織にレーザーを照射することで、刺激を受けた皮膚にはコラーゲンが生成されます。

それにより皮膚が盛り上がるため、妊娠線を目立たなくすることが可能なのです。また、レーザー照射による熱で皮下脂肪が分解され、伸びた皮膚が収縮するという効果もあるため、産後のお腹のたるみ改善にも役立ちます。

レーザー治療となると費用もかかり、通院も必要なので、まずはお手軽なクリームでのケアから始めて、それでも気になる場合には検討してみるとよいですね。


次の記事も読んでね!!

  1. どんな感じにできる?